家具職人 blog

東京墨田区  特注家具 間中木工所の職人ブログです。主にお客様への進行状況のご連絡、完成写真や日々の写真をおつたえしてゆきます。
江東区T邸 製作状況 その2
 江東区T邸   製作4日目です。  
タモの集成材天板をはぎ合せ、一晩クランプで圧着しました。
本日はNCルータ加工です。  


 ↑動画は天板加工状況です。  2カ月前に導入した最新のNCルータで加工しています。
 壁面の形状に合わせ L型に切削。 コンセント、配線キャップ孔の切削動画です。

!cid_537B8419-A6EC-4EB3-B300-069DD265C94F_R_20170310203914656.jpg
同時進行で家具本体を製作。 天板下の家具が形になりました。 

!cid_62C2D17D-C8FC-4A06-87E8-636D91C37E8B_R.jpg
収納家具は板の集合です。 先ずは板造りからスタートします。 板の内部はこのように空洞になっています。
空洞というと聞こえは悪いですが、必要以上に軽くしない、反り防止の為、材料の節約の為。 主に3つの理由で空洞に作ります。
一見、、コストカットの為、、と思われがちですが、本物件のように割と小さな家具の場合、逆に内部の桟木を枠に組む手間がかかります。 
  (製作担当:及川、竹内   特注家具 間中木工所)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.