家具職人 blog

東京墨田区  特注家具 間中木工所の職人ブログです。主にお客様への進行状況のご連絡、完成写真や日々の写真をおつたえしてゆきます。
キッチンカウンター製作状況 その4
キッチンカウンター  製作7日目です。。  本日8:40AMの画像です
  家具の側板に可動棚用の  ダボ孔を空け、ダボのメスを叩き込んでいます。
 弊社では主にねじ込み式のダボを使用しています。  





家具の可動式棚板の仕様は家具屋さんによって(または、物件によって)違います。
 主に下記の3種。
    ①長い棚柱を取付け。 
オスダボは棚柱に引っ掛けるような機構になっています。
重いものを積載するにはこのタイプがおすすめです。 
    

    ②穴を開けるだけ。 
 既製品家具や量産家具で良くみられる加工です。
 5φの孔を開けます。作り手としては、ただ孔を空けるだけなので手間はかかりません。
 オスダボは5φのシンプルなピンです   。 差し込むだけ。お部屋の備え付けの家具はこのタイプになります。
      
    ③ねじ込み式の棚ダボ  
主に9φと12φがあり載せる重量により使い分けます。
ダボを打ち込む手間は、かかります。

 ダボのお話でした。   おしまい。


 (製作チーフ:竹内    オプション家具 間中木工所
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.