FC2ブログ

家具職人 blog

東京墨田区  特注家具 間中木工所の職人ブログです。主にお客様への進行状況のご連絡、完成写真や日々の写真をおつたえしてゆきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
下駄箱について   自分ち家具ブログ3
 下駄箱を作りました。  ワイド 900 × 高さ 2400  ×  奥行き 350

下駄箱1_R
スミマセン。玄関があまり広くないので 全体写真をお見せできません
床から30センチ上に上がった位置から天井までの収納量 重視の下駄箱。 

間接照明を取り付けました。 本当は電球色の暖かい光が理想なのですが、、、
工場に白色灯しか在庫が無く  床を光々と照らしています。

下駄箱_R
棚板の数12枚。 約40足収納可能です。


 お客様からの問い合わせで 下駄箱は最も多いご相談の家具の1つです。

「間接照明で床を暖かく照らしたい。  でもどのように配線するの?」 「 建築時にコードを設置しないとダメなのでは??」  

という ご質問の答え。

下駄箱3_R
 このように けんじ邸の場合は 天井の手前に見えるダウンライトから結線しました。


 照明器具を取り外し、3m(余裕をもった長さ) のケーブルを結線し、天井の裏に手探りでケーブルを這わせ、下駄箱が取り付けても見えない部分に穴を開け、ケーブルを垂らす。
あとは家具の裏をケーブルの通るカキトリをし、下まで開通といった方法です。

床付近の壁にコンセントがある場合は そこから結線もできます。

 どちらの方法でも 壁にコードが露出しない為に 壁裏を這わせて見えない部分で線を表に出す。
という方法をとります。


 

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。