FC2ブログ

家具職人 blog

東京墨田区  特注家具 間中木工所の職人ブログです。主にお客様への進行状況のご連絡、完成写真や日々の写真をおつたえしてゆきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
竹カウンター 下台完成。
 竹カウンターの下台が完成しました。 先週アップした墨田区本所の 「竹春」 さんに竹の性質や産地、紐のカッコよい結わき方など多くのことを教わりました。 忙しいなかご丁寧に指導いただきました。

DSCN1834.jpg




DSCN1835.jpg


 ↑この紐の結わき方は 竹春 さんに結んでいただきました。はじめは簡単に結わけるだろうと考えていましたが、何種類も結わき方があるようで、とても奥が深い!! そして難しい!
当初、図面のようにシンプルに紐をクロスだけで完成させたのですが、何か全体がしまらない印象を受け、竹春さんに相談したところ、このような結び方が一般的で、より美しいというアドバイスをいただきました。 

DSCN1838.jpg


 帰り際に「竹は室内にあると割れが入ってくるよ」 という気になることも言っていました。側面、正面のようにはじめから半分に割っている竹は問題ないのですが、背面の竹は割れてくる恐れがあるそうです。 それは、特に冬場は暖房のせいで、昼夜の温度差が激しく、竹の筒内の空気が膨張したり、圧縮したりを繰り返し、割れがスパッと入るそうです。上部だけでも2φ程度の孔を空ければ割れても目立たないのではないかと思っています。本当は各筒の目立たない場所に孔を空けたいのですが。。。。お客様には天然の素材ということで、ご理解いただけないでしょうか?   

 現在天板の磨き工程に入っています。金曜日には天板を取り付けた写真をアップできると思います。              (設計 : CREW DESIGN ACT さん)(製作:けんじ)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。