FC2ブログ

家具職人 blog

東京墨田区  特注家具 間中木工所の職人ブログです。主にお客様への進行状況のご連絡、完成写真や日々の写真をおつたえしてゆきます。
クライミングベッドその4
本日は接着剤で張り合わせた側板を寸法にカット→NCルータにて穴洞の抜き取り→ペーパーでの仕上げ作業を行いました。
DSCN1315.jpg

クライミングホールドの穴(12φ左) ずれ止めのピン穴(6φ)です。
DSCN1322.jpg

NCルータでの抜き取り作業。 とても硬い材料なのですぐ刃物が折れてしまいます。5ミリずつ時間をかけ切削しました。
DSCN1324.jpg

手作業での仕上げ。 曲線なので機械によるサンダーが出来ません。
DSCN1325.jpg

明日は引き続き仕上げ作業夕方よりフレームの木作業に入ります。 まだまだゴールは見えてきません。  r-homeworks今中様、鉄棒を持ってきていただけますでしょうか?? ベッドの内寸をその鉄棒に合わせて造らなければならないので。  よろしくお願いします。
(設計:r-homeworks 今中隆介)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
imanaka
ケンジさん、ブログで紹介して頂きありがとうございます。
早く実物を見てみたいです。結局大変な加工になってしまいましたが、よろしくお願いします。
鉄棒ですが、かなりの強度がかかる部分ですので慎重に制作してもらっているのでカタチになって確認できるのが、来週の火曜日になってしまいます。
実際には金属加工の方にも、内寸を2060mmで制作指示しているので、鉄棒も2060mmで正確に上がってくるはずです。
近いうちに回転止めのダボを打ったクライミングホールドを持って伺いますので、引き続きよろしくお願い致します。
r-homeworks 今中隆介
2006/09/08(金) 22:26:18 | URL | imanaka #qgJ46XeY[ 編集]
 
鉄棒の件、了解しました。 どちらにしても工場で一度仮組みが必要です。 来週火曜日あたりからベッドの製作に入ります。  
 トリビアで放送していたのですが、「鉄棒は何キロまで折れずに耐えられるのか??」

答えは750キロだそうです!! しかも鉄棒は折れずに曲がるだけで、両サイドの支柱が先に壊れるという結果でした。 
2006/09/09(土) 20:06:51 | URL | けんじ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.