FC2ブログ

家具職人 blog

東京墨田区  特注家具 間中木工所の職人ブログです。主にお客様への進行状況のご連絡、完成写真や日々の写真をおつたえしてゆきます。
菅谷邸 製作開始!
 菅谷邸クローゼット。  昨日より製作を開始しました。 家具は板の集合なので
 まず、家具作りは板作りからのスタートとなります。   芯となる材料は栂(つが)です。 栂の芯材を格子状にタッカーというホッチキスのような工具で組み立てています。


DSCN2614_R.jpg

DSCN2613_R.jpg

DSCN2615_R.jpg
組みあがった芯材。  板の使われる場所によっては芯を全面に入れる場合もあります。テーブル面の天板などです。  それ以外は基本的には軽く作る為、にこのように芯組み構造(フラッシュ構造といいます。)にします。
DSCN2618_R.jpg
 組みあがった芯材の両面に接着材を塗り、表面材の板(4mm)を接着します。  分かりやすく言えば、芯材を2枚の表面材でサンドイッチします。  その後、プレス機というマシンで最大2トンの重量で板を圧縮します。     菅谷様の場合、表面材は白色の合板で製作を進めています。

 ここ数年シックハウス病や環境問題に顧客の関心が高まっているので、我々、家具製造工場が特に指定しなくとも、入荷される材料全てが エコマーク入りのフォースター(☆☆☆☆)→環境、シックハウス対策をクリアーした 材料で製作できます。     
 
詳しくはこちら↓をご覧ください。使用している接着剤を過去ブログで掲載しています。
  http://mokkoubg.blog27.fc2.com/blog-entry-94.html
スポンサーサイト



Designed by aykm.