家具職人 blog

東京墨田区  特注家具 間中木工所の職人ブログです。主にお客様への進行状況のご連絡、完成写真や日々の写真をおつたえしてゆきます。
クライミングベッド 納品完了!
 約3週間という長い製作期間を経てようやく引渡し完了いたしました。 コンピュータプログラムを含めると1月以上の長丁場でした。
 DSCF0346.jpg

DSCF0348.jpg

上部に2本の鉄棒、それにネットが結び付けられました。 
DSCF0349.jpg

このようなロッククライミングのトレーニングに使用されるホールドが無数に取付けられます。
DSCF0351.jpg

回転防止の為、裏にゴムを接着。ひとつのホールドに対し12φと6φ2つの穴があけてあります。12φはホールド本体の取付け用。6φは安全の為のズレ止めです。 裏の6φのピンとゴムはr-homeworks今中さんの手造りです。さすがです。  (設計: r-homeworks 今中隆介 製作:けんじ)
スポンサーサイト
クライミングベッド 完成!
DSCF0338.jpg

DSCF0341.jpg

 少し間が空きましたが、クライミングベッドついに完成いたしました。昨日 r-homeworks今中さんが検品に工房に来てくださいました。 そこで鉄棒の強度やアスレチックネットの取り付け、クライミングホールドの取り付けなどをしました。 本棚の下、ベッドの下にはヤマギワのスリムライン600がつきます。 電球色の柔らかな光です。 明日、引渡しになります。 
クライミングベッドその8
ベッドとその下のワゴンの製作途中です。 DSCF1753.jpg

DSCF1755.jpg

内側より鬼目ナット埋め込みです。
DSCF1756.jpg

図面どおりジグザグに穴あけ加工しています。 写真はワゴン。
明日、午前中はベッド、ワゴンの仕上げ。ベッド下のR補強製作。午後より柵や本棚の木取り作業です。 
伝言板  watanabe sama
今朝、6年ぶりに木工の訓練校の仲間に偶然道で再会。 watanabe san今度、飲みに行きましょう。 小林君もがんばっています。 近日、小林君の製作している家具も アップしてゆきます!! 
クライミングベッドその7
DSCF1750.jpg

側板やっと完成。
DSCF1752.jpg

本日はベッドフレームの木取り作業。 

DSCF1749.jpg

鬼目ナットを打ち込むための穴の大きさのチェックです。
明日はフレームの穴あけ加工および組み立て→周りのメラミン貼り付け→床材の取り付けです。 
クライミングベッドその6
 本日は側板のフレームを取付けました。 木ダボで組みましたが、ピッチが細かかった分、強度ばっちりです。 
DSCF1744.jpg

DSCF1746.jpg

DSCF1747.jpg

明日は表からクライミング用の穴あけをします。 
クライミングベッドその5
本日は、昨日引き続き、側板の仕上げ。午後より側板に取付けるフレーム材の製作。 
DSCF1741.jpg

DSCF1740.jpg

側板が完成しました。洞穴の面取りも上手く出来たと思います。 メラミンの黒い断面が洞穴の縁取りのようになっていて、なかなか面白いとおもいますよ。 
DSCF1735.jpg

側板に取付けるフレームです。 デザイン上、側板に取付け後、最後に外側のメラミンを接着します。内側(ベッド側)のメラミンはすでに張ってあります。 
DSCF1739.jpg

 重量がかかるパーツなので、従来より長い木ダボ(40ミリ)を使用。ピッチも70ミリ間隔、かなり細かく穴あけしています。
クライミングベッドその4
本日は接着剤で張り合わせた側板を寸法にカット→NCルータにて穴洞の抜き取り→ペーパーでの仕上げ作業を行いました。
DSCN1315.jpg

クライミングホールドの穴(12φ左) ずれ止めのピン穴(6φ)です。
DSCN1322.jpg

NCルータでの抜き取り作業。 とても硬い材料なのですぐ刃物が折れてしまいます。5ミリずつ時間をかけ切削しました。
DSCN1324.jpg

手作業での仕上げ。 曲線なので機械によるサンダーが出来ません。
DSCN1325.jpg

明日は引き続き仕上げ作業夕方よりフレームの木作業に入ります。 まだまだゴールは見えてきません。  r-homeworks今中様、鉄棒を持ってきていただけますでしょうか?? ベッドの内寸をその鉄棒に合わせて造らなければならないので。  よろしくお願いします。
(設計:r-homeworks 今中隆介)
クライミングベッド その3
本日より本番。穴あけ加工の予定でしたが、 ノックダウン式の為の穴入力をしていました。 夕方、r-homeworksさんが工房に来て最終的な打ち合わせをいたしました。 
 DSCN1312.jpg
(製作:健次)
(設計:r-homeworks 今中隆介)
E薬局様 製作状況その3
 本日はすべての前板、取っ手を取付け終わり、やっと形になりました。明日より中身の仕切り箱の製作を開始します。作業としてはあと3日~4日ほどかかります。 (製作:吉田)
DSCN1310.jpg

E薬局さま その2
 本日は箱本体にレールを取り付け、引き出し板を取り付ける途中で終了しました。 
DSCN1302.jpg

DSCN1300.jpg

写真のようなハンドルをつけさせていただきます。幅、奥行きともに使いやすいサイズだと思います。(スガツネ 305シリーズ) 
ハバキ(家具の足)は他の家具同様茶色の合板を使用しました。(前回の材料が余っていたので材料費には含まれません。)
E薬局さま 薬収納引き出し製作状況です。
 E薬局さま製作状況をお知らせします。現在製作5日目。本体の箱は完成しており、本日夕方より引き出し板の製作取り付け作業です。
DSCN1283.jpg

写真は引き出しレールです。従来どうり3段引きレール(レールの内部構造が3段階にスライドすることで奥行きがいっぱいにひきだすことができます。)
DSCN1285.jpg

写真のように普通の引き出しの構造とはちょっと違うパーツの製作が必要です。
r-homeworksさんクライミングベッド2
クライミングベッド製作5日目。 いよいよ材料の切り出しに入りまし
た。 材料は表面はメラミン化粧板。心材はシナのトモ芯合板(トモ芯合板とはベニヤのコバ周りがきれいな縞模様の層になっている材料でコバのベニヤの層をアクセントとして見せるために使用されます。)
DSCN1294.jpg

写真はトモ芯合板にメラミン化粧板を接着後、正寸にカットする作業です。
DSCN1297.jpg

午前中製作完了した型板です。 
明日はベッド本体のクライミングホールドの入力および側板の穴あけ加工をします。 (設計:r-homeworks 今中)
r-homeworksさんクライミングベッド開始
r-homeworksさんのクライミングベッド製作4日目です。
DSCN1307.jpg

 r-homeworksさん製作のCG図面です。 構造の説明です。ベッド本体(2000w)を左右2枚の側板(1900h*1200d)でノックダウン式(組み立て式)に挟み込む構造。上部に鉄棒。下部にはキャスター付きテーブル(マット)。 構造自体は単純なのですが、板のそこらじゅうにクライミングホールドを取り付けるため、r-homeworksさん指示の位置に穴あけ加工します。子供が通り抜けできるような変形の穴ぼこを数箇所貫通させます。
DSCN1287.jpg

NCルーターに穴あけ位置を入力するだけで丸3日。本日は、実際の大きさの4ミリの板に本番同様穴あけサンプルを作りました。写真はNCルータでの切削加工の様子。 子供にしか通れないソラマメのような形の洞穴です。この滑らかなR形状にするためのコンピュータ入力に大変苦労しました。
DSCN1291.jpg

クライミングホールドです。 このホールドがベッドの左右の側板に合計50個取り付けられており約2mの高さまで登ることができます。
Designed by aykm.