FC2ブログ

家具職人 blog

東京墨田区  特注家具 間中木工所の職人ブログです。主にお客様への進行状況のご連絡、完成写真や日々の写真をおつたえしてゆきます。
江東区T幼稚園くつ入れ収納その2
まだまだ形になっておらず、各パーツの製作が続きます。  





本日は、棚板のコグチ(板の厚み部分)にタモの無垢材を接着し、トリミング作業を施した後、園児が怪我しないよう、Rに丸く
加工をしました。    2種類のハンディマシンを使用します。



専門的な話になりますが、 板からはみ出た部材を板とピタッとフラットに削る機械です。
スイス製。  これは弊社の去年のベストバイ ツールっ!  
今週中もこのような各部材の仕上げ作業(地味~な作業)が続きます。 

  (オーダー家具間中木工所)
スポンサーサイト



江東区幼稚園 くつ入れ収納その1
江東区T幼稚園様 くつ入れ収納 製作始まりました!
IMG_2093_R.jpg
こちらが現状。 設置から20年。。。先生方は思い出がいっぱい詰まっているでしょう。。
頑張ってくれました。 

IMG_2128_R.jpg
いきなり見せ場の無垢天板から製作がスタート。 カナダ人のマークが持っているのは、巾200mmのタモの無垢材の製材後の写真です。  木の皮が付いた状態で約3mのものが入荷しました。 






IMG_2131_R.jpg
IMG_2132_R_20191217200202c1f.jpg
無垢材を2枚貼り合わせ、指定の寸法にします。 接合部にはドミノチップというドイツ製のブナ材の補強部材が埋め込まれており、強度面で安心感があります。
接着剤はアルティメットタイトボンド(アメリカ製)の強力接着剤を使用しています。 



(製作:マーク・アントニー・クレメント 特注家具間中木工所
映写機内臓型会議テーブル3
DSCF0957.jpg

DSCF0956.jpg

 前日までに天板の下地の接着および組み立てを終了し、天板に載せた写真。 内部は黒塗装をし、外側はダイノックシートを張る予定。 明日は午後より天板メラミン張り予定。 
K邸カウンター下収納。
 K邸収納。 3月に新居に入居されるお客様の物件です。既存のカウンター下のスペースに収めるもの。 写真はその一部です。 アメリカンチェリー柾目。 ウレタン着色塗装(赤茶系)。 明日より塗装工程に入ります。よろしくお願いします。DSCF0948.jpg

DSCF0951.jpg

映写機内臓型 会議テーブル2
DSCF0936.jpg

DSCF0935.jpg

 今日は下台の窓開けおよび外側の仕上げ作業。外側は、ダイノックシート貼りなので、シナ合板を使用。内部は全面フェルト布張りです。 
下の写真は天板の形状。 二等辺三角形で、周囲が5000Rほどの緩やかなR状になっており、内側はガラスが完成した後にガラスを置き、型どりをし、R形状にする予定。天板はメラミン仕上げ。 明日は天板の練りつけ→プレス  及び下台窓の製作です。
Designed by aykm.